「ゴールデンウィーク」に関する意識調査

今年のゴールデンウィークは6割近くの方が「何もせずのんびりしていた」と回答。一方で仕事をしていた方は前例の無い「10連休」の影響で疲労困憊に・・・?

この度、ゼネラルリサーチ株式会社(代表取締役:五條 寿朗、本社:東京都渋谷区)は、「ゴールデンウィーク」に関する意識調査を全国の20代~60代の働いている男女1,135名を対象に実施いたしました。

今年のゴールデンウィークは前例の無い「10連休」や、天皇陛下退位・皇太子殿下即位に伴う「平成」から「令和」へ元号が変わる等、何かと話題の多い連休となりました。 これまで前例の無い長期のお休みということで、いつもとは違った過ごし方をされた方が多かったのではないでしょうか。 また、飲食店やアミューズメント施設などの接客業、一部の企業に勤める会社員の方々は連休中も出勤しなければならないため、何らかの影響を受けたことでしょう。 今回は10連休だった方と仕事があった方を対象に、ゴールデンウィークの過ごし方とそれに関する影響について調査しました。

調査結果のポイント

1.ゴールデンウィーク期間中の出勤の有無
2.ゴールデンウィーク期間中に休みだった方の過ごし方
3.ゴールデンウィークが業務に与えた影響
4.ゴールデンウィーク期間中の改元が生活や仕事に与えた影響
5.ゴールデンウィーク期間中の消費額と節約について
6.ゴールデンウィークの感想を教えてください

1.ゴールデンウィーク期間中の出勤の有無

<図1>GW

まずは、一般的なGWの期間であった4月27日~5月7日の過ごし方について、「ゴールデンウィークの期間は休みでしたか?仕事でしたか?」と質問したところ、7割以上の方が「休みだった」-72.8%と回答されました。

2.ゴールデンウィーク期間中に休みだった方の過ごし方

<図2>GW

GW期間中に休みだった方へ、「ゴールデンウィークの過ごし方を教えてください」(複数回答可)と質問したところ、最も多い過ごし方は「何もせずのんびりしていた」-58.6%であり、次いで「旅行に出かけた(国内)」-28.2%、「自宅で読書や映画鑑賞等」-24.2%、「食べ歩き」-16.6%、「レジャー施設に出かけた」-16.3%と続きます。 今年のゴールデンウィークは前例の無い10連休ということでしたが、何もせずのんびりと過ごす方の割合が多く、国内外を問わず旅行に行かれた方が意外と少ないのが印象的でしょう。 旅行や食べ歩き、レジャー施設の利用など積極的に外出する一方で、何もせずのんびりしたり、読書や映画鑑賞など自宅で巣ごもりしたりとメリハリのある過ごし方をされた方が多い結果となりました。

3.ゴールデンウィークが業務に与えた影響

<図3>GW

次に、ゴールデンウィーク期間中も仕事だった方に、「ゴールデンウィークは業務に影響を与えましたか?」と質問したところ、半数以上の方が「はい」-53.7%と回答されました。 そこで、「ゴールデンウィークが業務に与えた影響を教えてください」と質問したところ、

・道路の渋滞
・繁忙と閑散が激しく補充に影響
・人手不足
・他社が休みで発注等が出来なかった
・来店者・来園者が多かった

などの回答が得られ、主に物流関係に勤務されている方や、店舗関係者、個人事業主の方の回答が目立つ結果となり、様々なところに影響が及んでいたことがわかります。

4.ゴールデンウィーク期間中の改元が生活や仕事に与えた影響

<図4>GW

ゴールデンウィーク期間中に平成から令和へと改元されましたが、「ゴールデンウィーク期間中の改元は生活や仕事に何か影響がありましたか?」と質問したところ、8割の方が「影響はない」と回答されました。 ゴールデンウィーク期間中にお休みだった方とお仕事だった方とで上記回答の割合を比較したところ、割合としてはほぼ同数という結果になりました。

5.ゴールデンウィーク期間中の消費額と節約について

<図5>GW

今回のゴールデンウィークでの大量消費により経済効果は2兆円を超えることが予想されると連休前に発表がありました。それと同時に大量消費の反動による連休後の「超節約モード」も懸念されていました。 そこで、「ゴールデンウィーク期間中に使用した金額を教えてください」と質問したところ、最も多い金額は「1万円以上~3万円未満」-27.2%であり、次いで「~5000円」-18.8%、「5000円以上~1万円未満」-18.2%、「3万円以上~5万円未満」-14.6%と続きます。 「100万円以上」-0.5%という回答もあり、連休をどのように過ごされたのか気になるところですね。

続いて「ゴールデンウィーク後は節約をしますか?」と質問したところ、「節約をしなければならない」、「かなり節約をしなければならない」という回答が半数を超える結果となりました。 ゴールデンウィークをきっかけとした連休中の消費活動を終え、節約モードに入る方は半数以上存在し、それが日本経済に打撃を与えないことを祈るばかりです。

6.ゴールデンウィークの感想を教えてください

<図6>GW

最後に、「ゴールデンウィークの感想を教えてください」と質問したところ、「休みが多く満喫した」-24.7%、「しっかりとリフレッシュできた」-21.8%、など、この連休を有意義に過ごされた方が多くいました。 一方で、「週休3日が多い方がありがたい」-17.8%、「連休が長すぎて何をしたらいいかわからなかった」-14.4%などといった意見も散見され、様々な思いのもと、多くの話題を提供してくれたゴールデンウィークは幕を閉じました。

今回の調査では、前例の無い大型連休となり、良くも悪くもそれに伴う様々な影響が各所でみられました。 今年のお盆休みも最大で9連休になるという情報もあり、働きすぎで休み慣れていない日本人にとっては少々困惑する時期かもしれませんが、これを機会に時間に追われることもなく、ゆとりのある生活にも慣れてみてはいかがでしょうか。

「ゴールデンウィーク」に関する意識調査

  • 調査日2019年5月17日(金)
  • 調査方法インターネット調査
  • 調査人数1,135人
  • 調査対象20代~60代の働いている男女
  • 調査主体ゼネラルリサーチ

ゼネラルリサーチとは

・国内最大規模のモニター数:1,538万人以上
・5000種類以上の属性データでセグメント設定可能
・調査形式8種類×5種類のカスタマイズ機能
 ↳調査目的に対して、最適な調査形式・機能をご提案致します。

本件に関する報道関係者からのお問合せ先

会社名 ゼネラルリサーチ株式会社
メール contact@general-research.co.jp

本件に関する報道関係者からのお問合せ先

会社名 ゼネラルリサーチ株式会社
担当者 広報担当:小室(こむろ)
お電話 080‐4293‐7265
メール pr@general-research.co.jp

リサーチのフルサービスをご提供

お客様には煩わしい作業は発生いたしません。
最初に調査するにあたっての課題のヒアリングをさせていただき、その後はゼネラルリサーチが調査設計から
アンケート画面作成、データクリーニング・データ納品まで責任を持って作業をいたします。
また調査したい内容が具体的に定まっていなくても構いません。
まずは、お気軽にご相談ください。

ご依頼から調査結果のご案内までの流れ

  • 調査課題のヒアリング調査課題の
    ヒアリング
  • 調査企画(調査票)ご提案調査企画(調査票)
    ご提案
  • 調査画面作成調査画面作成
  • アンケート配信アンケート配信
  • データクリーニングデータ
    クリーニング
  • データ納品・報告データ納品・
    報告
  • 調査企画(調査票)とは、いつ・だれに・なにを、どうやってアンケートするのか?という調査の実施要項です。
  • 調査は最短で即日対応可能ですが、平均で概ね 2 週間ほどのお時間をいただいております。
  • 調査結果は、調査期間終了後、最短で 1 営業日以内にまとめてご報告可能。
    ただし、調査期間の設定により、依頼お申込みから結果のお知らせまでのお時間は前後する場合がございます。

Copyright © 2017 General Research Inc. All Rights Reserved.